たまさかい皮フ科クリニック,町田市,皮膚科,小山ヶ丘,多摩境駅,院内設備について

院内設備について

 

院内設備


フォトフェイシャル ファースト(IPL)

●フォトフェイシャルとは
 IPL/ Intensive Pulsed Light(インテンスパルスライト)という、有害な紫外線をカットした幅の広い波長を持つ可視光線の束を用いた治療です。
肌に照射することにより、シミやくすみなどの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因であるヘモグロビンなど複数の色素にダメージを与え、様々な肌トラブルを改善します。

くすみや赤みを同時に改善することで、本来の肌状態や、お肌の透明感を得ることができ、さらに皮膚の水分に吸収されることでコラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す線維芽細胞の働きを活性化させるため、お肌のハリが改善します。

肌へのダメージが大変少ないため顔全体など広範囲への照射が可能で、しかも施術後すぐに洗顔やメイクができ、日常生活に支障がないのも大きな特徴です。
レーザーと違い優しい光で治療しますので、回数を重ねることにより効果がでてきます。だいたい2~3週間ごとのペースで、5回以上が治療の目安となっています。

● フォトフェイシャルはこのような肌トラブルに効果があります。

・シミ・そばかす・肝斑・ニキビ痕
光エネルギーによりメラニン色素を徐々に表面に浮き上がらせます。数日後にはシミ・そばかす、ニキビ痕による色素沈着などがポロポロとはがれ落ち、4~5回の継続により徐々に明るい肌へと導きます。

・毛穴・小じわ
線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を助けます。ハリが生まれることで毛穴や小じわが目立たなくなり、皮脂分泌過剰で開いた毛穴、加齢により縦に流れてしまった毛穴もキュッと引き締まります。

・ニキビ・赤ら顔
炎症をおこして赤みを帯びたニキビや赤ら顔など、赤い色素にも反応するのもフォトフェイシャルの特徴のひとつで、拡張してしまった毛細血管を収縮させて赤みを目立たなくします。
 
フォトフェイシャルを受けられない人

・妊娠中または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方
・てんかん発作をおこしたことのある方
・暗い部屋でテレビを見ていて具合悪くなった方 
・光線過敏症の方や光感受性を高める薬を使用している方
・膠原病の方
・糖尿病またはアルコール中毒の方
・目の病気で治療中の人は、眼科の先生に相談してください
・最近日焼けをされた方
・ケロイドになりやすい方
・重度のアトピーの方
 

詳しくはこちら
http://www.photofacial1.net/index.htm